保育・食育の内容 [ リズム運動 ]

リズム運動で、体を動かすことを楽しみ心と体を育む。

近年、子どもの体の育ちを危惧する研究者が増えてきています。その中の多くの指摘は、“姿勢の悪い子ども”“転びやすい子ども”“転んだときに手で体を支えきれない子ども”など、以前は、生得的な反射や遊びの中で獲得されてきたものが育ちにくくなっているというものです。このリズム運動は、数々の動きの中から子どもが主体となって体を動かす事を楽しみ、心と体を育んでいきます。そして、私たちは下記の4つの力を育みたいと願い、毎朝のようにリズム運動に取り組んでいます。

リズム運動で育む4つの力

リズム運動の様子

体を動かすことが好きになる。

近年子どもの体力低下が心配されています。「動きたくない…しんどい…」とすぐに口にする子どもたちが増えてきています。
このリズム運動を通して体を動かすことが楽しい!と思えるような関わりを大切にしています。

姿勢を保持する力が育つ。

絵本や話を聞くある程度の時間、姿勢を保つ力を育みます。この力は就学後35~40分の間、席に座り授業に向かう土台の力になります。


竹踊りの様子

しなやかな体の動きを育てる。

動きを繰り返す事で、固く・ぎこちない動きからしなやかな体の動きへと成長していきます。その他にも、力を入れる事だけでなく、力を抜く事もしなやかな体づくりの大切な力です。

健康な心をつくっていく。

スピードや力の調整、目測を図る力のほかに、人との距離感や友だちと息を合わせるなどの自制心や調整力も身についていきます。
そして何より、友だちと一緒にやるから楽しいという気持ちが芽生えていきます。

リズムを写真と動画でご紹介

  • [動き1] きんぎょ

    きんぎょの動き

    ↑クリックすると動画が再生します。

    きんぎょの動き 身体の動き

    両手を上げて床に仰向けになり、へその部分を左右に揺らして、全身をくねくねと動かす。うつ伏せでも行う。

    育つ力

    背骨の動きをしなやかにする。背骨を動かす事で、体温があがり免疫力をアップさせます。

  • [動き2] 両生類のようなハイハイ

    ハイハイの動き

    ↑クリックすると動画が再生します。

    ハイハイの動き 身体の動き

    腹ばいになって腕を伸ばし、足指で床を蹴って前に進む。上半身は床に着け、左右にくねらせて這う。

    育つ力

    全身の運動となる。足の指で地面を蹴りこむ力が養われる。

  • [動き3] あひる

    あひるの動き

    ↑クリックすると動画が再生します。

    あひるの動き 身体の動き

    しゃがんで、つま先立ちで足を左右交互に出して進む。
    この時、腕は脱力し、背をまっすぐにする。

    育つ力

    足腰の力をつける。

  • [動き4] 走り縄跳び

    走り幅跳びの様子

    ↑クリックすると動画が再生します。

    走り幅跳びの様子 身体の動き

    縄跳びをしながら走る。縄は卒園時に年長の子どもからプレゼントしてもらい、年長で使う。

    育つ力

    「~しながら~する」の二つ以上の行動を同時に行えるようになる。

  • [動き5] 竹踊り

    竹踊りの様子

    ↑クリックすると動画が再生します。

    竹踊りの様子 身体の動き

    ベトナムの「竹踊り」を取り入れ、4拍子のリズムで竹を跳ぶ。

    育つ力

    リズム感と集中力が身につく。

  • [動き6] 荒馬

    荒馬の様子

    ↑クリックすると動画が再生します。

    荒馬の様子 身体の動き

    片足ごと交互に4拍子のケンケン、ギャロップ。

    育つ力

    友だちと息を合わせる。→協調性や調整力
    友だちとの距離や目測を図る力。姿勢を保持する力。など、年長児までに培った力を最大限に発揮して取り組む。

  • 歌の様子

    ↑クリックすると動画が再生します。

    歌の様子 体を動かした後は、歌をうたいます。全身運動後は体もほぐれて、のびのびした声で歌っています。

写真だけでは伝わりにくい事もありますので、園でのリズムの様子を見て頂ければと思います。
とても躍動感がありますよ。是非、ご一報ください。