保育・食育の内容 [ 食育 ]

安全で美味しく、
そして何より子どもたちが喜んで食べられる給食を。

あひる保育園の給食室では、子どもたちの目線で給食室の中が見えるカウンターがあり、そこは給食室と子どもたちの交流の場所になっています。
「今日の給食なんですか?」「人参の皮むいてる!○○ちゃんもむけるでぇ!」と元気な声をきかせてくれます。食材を見ることにより、食に対する興味が湧き、お手伝いやクッキング・昼食やおやつへの楽しみにもつながっています。保育士と連携をとりながら、子どもたちの健やかな成長を願い日々の給食づくりをしています。

コップ お皿 おはし 食事の様子

給食作りで大切にしていること

  • 調味料は、毎日使用するものなのでより安全なものを使用すること
  • おやつは、出来るだけ手作りにし国産小麦を使用すること
  • 添加物はできるだけ使わないようにすること
  • お米は減農薬のものを取り寄せること
  • 旬のものを旬の時に食べること
  • 温かいものを温かく食べられるように陶器の食器を使用し、ご飯はおひつに入れて提供

園庭でのイワシの塩焼きの様子

一年の行事食

4月
赤飯(進級祝い)・お花見弁当
6月
ちゃんこ鍋(すもう大会)
7月
七夕そうめん
10月
園庭でのさんまの塩焼き
11月
焼き芋パーティ
12月
クリスマスお楽しみ会(バイキング)
1月
餅つき大会
2月
巻きずし(節分)・園庭でのイワシの塩焼き
3月
ちらし寿司(ひな祭り)・お別れ会食(バイキング)

お手伝いクッキングの様子

お手伝いクッキング

食材に直に触れ、食べる意欲と興味が高まればと旬の野菜を使用する際に、子どもたちに皮むきなどを手伝ってもらっています。