お知らせ[ 2013年 ]

[2013年2月5日]

【あひる通信】鬼退治を乗り越えて

今年も鬼の季節がやって来ました。
年明けから恐がっている子どももいるようです。各クラスでは鬼面製作に取り組んでいます。作ったお面をかぶって、自分の中にいる「泣き虫鬼」や「怒りんぼ鬼」、「意地悪鬼」を追い出す!とすもうのけいこに励んでいる子どもたちです。
「どうしてあひる保育園には鬼が来るの?」と思われる方もいらっしゃると思いますので、保育園としてのねらいをお伝えします。
(1)季節の変わり目を知る
(2)人に災いをもたらす、悪い物を追い払う
(3)年長児は知恵を出し合い、困難を乗り越え、達成感を味わう
2月1日は友だちと力を合わせて、しっかりと鬼を追い払い、強く、やさしく、たくましく、元気な子どもの姿を見せて欲しいと思っています。

「あひる保育園 本園」

あひる保育園にて鬼退治 朝は節分の由来と各クラス鬼のお面紹介がありました。
給食には鬼の嫌いなイワシを食べて、鬼退治に備えています!
お昼からは、はくちょう組が小さいクラスのお友だちを守り、鬼を退治してくれました!鬼が去ったあと、最後は、福の神がやってきてくれましたよ(^□^)

「あひる保育園 第二」

第二あひる保育園でも鬼退治 2月1日は、一足早い、節分でした。
子ども達には、「みんなの心の中にある悪いもの(病気や意地悪な心)が鬼になっているんだよ。それを、追い出そうね」とお話ししてきました。
朝、保育園に鬼から手紙が届きました。大きな大きな赤い手形がついた手紙にみんなびっくりです!
給食は、恵方巻き。大きな口でバクッ!悪いものが体に入らないように食べました!
お昼からは、節分の会。手作りのツノをつけた、1・2才児クラスは、鬼のパンツの歌に合わせて、パンツをはくパフォーマンスをしました。
保育園に鬼が入ってきた~!豆を投げるのも忘れるほどの驚きっぷりの子ども達!!
はくちょう組の5人が、保育園の子ども達を代表して鬼とお相撲で力比べをしてくれました。さすがはくちょう組、頼りになる!!みんなの応援も大きな声でしたよ。
かもめ組は、「ひいらぎのチクチク攻撃」。これで鬼を、砂場まで誘い出したぞ!
最後ははくちょう組を中心に考えた作戦通り、鬼を落とし穴に落とした!やった!
みんなで協力して、こわい鬼を退治した達成感は、大きな自信へとつながることでしょう。

お知らせ一覧へ戻る